ジェネリック・セレブレックスは、関節リウマチ、変形性関節症、強直性脊椎炎、若年性関節炎や月経痛の治療に使用されています。 また、直腸部のポリープ(増殖)を減少させる家族性腺腫性ポリポーシス(FAP)で使用されています。

パッケージ 価格 あたり 錠剤 節約 ご注文
100mg × 30 tablet ¥ 3245.68 ¥ 108.19 あたり 錠剤
100mg × 60 tablet ¥ 5413.08 ¥ 90.22 あたり 錠剤 ¥ 1078.28
100mg × 90 tablet ¥ 7580.48 ¥ 84.23 あたり 錠剤 ¥ 2156.56
100mg × 120 tablet ¥ 9747.88 ¥ 81.23 あたり 錠剤 ¥ 3234.84
100mg × 180 tablet ¥ 14082.68 ¥ 78.24 あたり 錠剤 ¥ 5391.41
100mg × 360 tablet ¥ 27087.08 ¥ 75.24 あたり 錠剤 ¥ 11861.10
  • 無料航空便配送
パッケージ 価格 あたり 錠剤 節約 ご注文
200mg × 30 tablet ¥ 3245.68 ¥ 108.19 あたり 錠剤
200mg × 60 tablet ¥ 5413.08 ¥ 90.22 あたり 錠剤 ¥ 1078.28
200mg × 90 tablet ¥ 7580.48 ¥ 84.23 あたり 錠剤 ¥ 2156.56
200mg × 120 tablet ¥ 10831.58 ¥ 90.26 あたり 錠剤 ¥ 2151.14
200mg × 180 tablet ¥ 14816.35 ¥ 82.31 あたり 錠剤 ¥ 4657.74
200mg × 360 tablet ¥ 29254.48 ¥ 81.26 あたり 錠剤 ¥ 9693.70
  • 無料航空便配送

セレコキシブカプセル

この薬は何ですか?

セレコキシブは、COX-2阻害薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)クラスに属する薬剤として知られています。 腫れを軽減し、痛みの治療に使用されます。 この薬は、一般的に関節炎などの関節や筋肉の状況、様々な場合に使用されます。 骨痛、歯痛、頭痛、あるいは月経の痛みにも使用できます。 特定の人の結腸または直腸ポリープの数を減らすのにも、使用されることがあります。

この薬を服用する前に、医療提供者に何を伝えれば良いですか?

医療提供者は、あなたがこれらの状態のいずれかであるかを知る必要があります。:

  • ぜんそく
  • 過去2週間以内に冠動脈バイパス移植(CABG)手術を行った
  • 1日に、3本以上のアルコール含有飲料を飲む
  • 心不全や下肢の浮腫などの心臓病や循環障害(体液貯留)
  • 高血圧
  • 腎臓病
  • 肝臓の病気
  • 胃の出血や潰瘍
  • セレコキシブ、サルファ剤、アスピリン、他の非ステロイド性抗炎症薬、その他医薬品、食品、染料、または防腐剤への異常反応やアレルギー反応
  • 妊娠中または妊娠しようとしている
  • 授乳

この薬の服用方法は?

コップ一杯の水で、この薬を飲む。 一度に400mgを服用する場合、または胃の調子が悪い場合は、食事と一緒に服用して下さい。 薬の服用後、少なくとも10分間は横にならないしで下さい。 毎日、同じ時間に服用して下さい。 指示された用量よりも多く、この薬を服用しないで下さい。 長期的、連続的服用は、心臓発作や脳卒中のリスクを高める可能性があります。

この薬の子供への使用に関して、小児科医に相談して下さい。 特別なケアが必要になることがあります。

過量投与: あまりにも、この薬を多く服用したと思ったら、すぐに中毒事故管理センターまたは救急治療室に連絡して下さい。

注記: この薬はあなた専用です。 他の人と、この薬を共用しないで下さい。

服用を忘れた場合はどうなりますか?

もし服用を忘れた場合は、できるだけ早く、その分を服用して下さい。 ほぼ次の服用の時間である場合には、次の分のみを服用して下さい。 2倍または余分な量を服用しないで下さい。

この薬と相互作用するものは何ですか?

下記の薬剤のいずれかと共に、この薬を服用しないで下さい。

  • シドフォビル
  • メトトレキサート
  • イブプロフェンやナプロキセンのような他の非ステロイド性抗炎症薬、痛みや炎症のための医薬品、
  • ペメトレキセド

この薬は下記の薬剤とも相互作用する可能性があります。

  • アルコール
  • アスピリンやアスピリン系薬物
  • 利尿薬
  • フルコナゾール
  • リチウム
  • 高血圧の薬
  • プレドニゾンやコルチゾンなどのステロイド薬
  • ワルファリン

このリストは、すべての可能性のある相互作用を記述したものではない場合があります。 医療サービス提供者に、すべての医薬品、ハーブ、非処方薬、または使用する栄養補助食品のリストを渡して下さい。 喫煙、飲酒、または違法薬物の使用についても、医療サービス提供者に伝えて下さい。 この薬と相互作用を起こす可能性のあるものがあります。

この薬の服用中は、何に注意すれば良いですか?

痛みが改善しない場合は、医師または医療専門家にご相談下さい。 痛止めの別の薬を服用する前に、医師にご相談下さい。 自分自身で治療しないで下さい。

この薬は、心臓発作や脳卒中を防ぐことはできません。 実際、この薬は心臓発作や脳卒中の可能性を高める可能性があります。 この薬の長期服用や心臓病患者において、心臓発作や脳卒中の可能性を高める場合があります。 心臓発作や脳卒中の予防にアスピリンを服用する場合は、医師または医療専門家にご相談下さい。

この薬と共に、イブプロフェンやナプロキセンなどの薬を服用しないで下さい。 胃の不調、吐き気、または潰瘍などの副作用が発生する可能性が高くなります。 処方箋無しで服用可能な多くの薬は、この薬と共に服用してはなりません。

この薬は、治療中はいつでも、胃や腸の潰瘍と出血を引き起こす可能性があります。 潰瘍や出血は、警告症状無しに起こり、死を引き起こす可能性があります。

この薬の副作用で注意することは何ですか?

できるだけ早く医師または医療専門家に相談すべき副作用:

  • 皮膚の発疹、かゆみやじんましん、顔や唇の腫れ、舌が腫れるようなアレルギー反応
  • 黒い便または血便、尿や嘔吐物に血が混じる
  • かすみ
  • 呼吸障害
  • 胸痛
  • 吐き気、嘔吐
  • バランス障害、言語障害、歩行障害
  • 口の中を含めて、皮膚の赤み、水膨れ、剥離または緩み
  • 原因不明の体重増加または腫れ
  • 異常に脆弱、あるいは異常に疲れる
  • 目や皮膚が黄色くなる

通常は医師の診察を必要としない副作用(症状が続く、あるいは煩わしい場合は、医師または医療専門家へご相談下さい。):

  • 便秘または下痢
  • 目まい
  • ガスまたは胸焼け
  • 胃のむかつき

このリストは、すべての可能性のある副作用を記載していない場合があります。

どこに薬を保管する必要がありますか?

子供の手の届かないところに保管して下さい。

摂氏15と30℃(華氏59〜86度)の間の室温で保管して下さい。 容器を密閉して保管する。 有効期限が過ぎた未使用薬は捨てて下さい。

当社のサイトに滞在することによって、あなたは、当社の プライバシー方針 に従ってストレージおよびあなたの個人的なデータの処理に自動的に合意する。
急いそがないでくだでください。あなたは割引券コードについで忘れました!
×