ジェネリック・プラビックスは、すでに心臓発作または脳卒中を患っている患者、あるいは狭窄や動脈硬化に起因する他の循環障害を持つ患者において、脳卒中や心臓発作のリスクの軽減に使用されます。

パッケージ 価格 あたり 錠剤 節約 ご注文
75mg × 30 tablet ¥ 3072.41 ¥ 102.41 あたり 錠剤
75mg × 60 tablet ¥ 5384.93 ¥ 89.75 あたり 錠剤 ¥ 759.88
75mg × 90 tablet ¥ 7857.72 ¥ 87.31 あたり 錠剤 ¥ 1359.50
75mg × 120 tablet ¥ 10075.79 ¥ 83.96 あたり 錠剤 ¥ 2213.83
75mg × 180 tablet ¥ 14513.00 ¥ 80.63 あたり 錠剤 ¥ 3921.43
75mg × 360 tablet ¥ 27821.46 ¥ 77.28 あたり 錠剤 ¥ 9047.41
  • 無料航空便配送

クロピドグレル錠剤

この薬は何ですか?

クロピドグレルは、血栓を防ぐのに役立ちます。 すでに心臓発作または脳卒にかかった人の、心臓発作や脳卒中の起きる可能性を減らします。 クロピドグレルはまた、心臓発作や脳卒中にかかるリスクの高い特定グループの人における、心臓発作や脳卒中の起きる可能性を減らします。

この薬を服用する前に、医療専門家が知っておくべきことはありますか?

医療専門家は、あなたが以下のいずれかの症状であるかを知る必要があります。:

  • 出血性疾患や血友病
  • 肝臓の病気
  • 最近の手術または外傷
  • 胃や腸の潰瘍
  • クロピドグレル、他の医薬品、食品、染料、または防腐剤への異常反応やアレルギー反応
  • 妊娠中または妊娠しようとしている
  • 授乳

この薬は、どのように服用すれば良いですか?

口からクロピドグレルを服用して下さい。 一杯の水で、錠剤を飲み込む。 指示より多い頻度で、薬を服用しないで下さい。

この薬の子供への使用に関して、小児科医に相談して下さい。 特別なケアが必要になることがあります。

過量投与: あまりにも、この薬を多く服用したと思ったら、すぐに中毒事故管理センターまたは救急治療室に連絡して下さい。

注記: この薬はあなた専用です。 他の人と、この薬を共用しないで下さい。

服用を忘れた場合はどうなりますか?

もし服用を忘れた場合は、できるだけ早く、その分を服用して下さい。 ほぼ次の服用の時間である場合、次の分のみを服用して下さい。 2倍または余分な量を服用しないで下さい。

この薬と相互作用するものは何ですか?

  • アスピリン
  • ワルファリンやエノキサパリンなどの血液の抗凝結薬
  • NSAIDs(例、イブプロフェン)のような非ステロイド性抗炎症薬
  • シロスタゾール
  • ジピリダモール
  • DHEA
  • ドキセルカルシフェロール
  • ナツシロギク
  • 魚油(オメガ3脂肪酸)サプリメント
  • ニンニク
  • ショウガ
  • イチョウ
  • トチノキ
  • フルバスタチン
  • フェニトイン
  • プラステロン
  • ラメルテオン
  • タモキシフェン
  • チクロピジン
  • トルブタミド
  • トルセミド

非処方薬を含むあなたが服用している他のすべての医薬品について、処方者や医療専門家に伝えて下さい。 また、カフェインやアルコール飲料を良く飲むかどうか、喫煙はするか、または違法薬物を使用しているかどうかも、処方者または医療専門家に伝えて下さい。。 これらは、薬の作用に影響を及ぼす可能性があります。 いずれの薬の停止または開始をする前に、医師または医療専門家に確認して下さい。

この薬を服用中は、何に注意すれば良いですか?

進行状況の定期検査のため、処方者や医療専門家に診てもらって下さい。 処方者の指示を除き、クロピドグレルの服用を中止しないで下さい。

クロピドグレルの服用中は、より出血しやすく、出血が止まるのも時間がかかる可能性があります。 処方者へ、あらゆる出血の異常を伝えて下さい。

非処方鎮痛剤を服用する前に、処方者や医療専門家に問い合わせて下さい。 処方者や医療専門家によって指示されない限り、イブプロフェン(例えば、モトリン)、ケトプロフェン、ナプロキセン(例えば、アリーブ)などのアスピリン、アスピリンを含む製品、または抗炎症薬を服用しないで下さい。

あなたが手術や歯科治療を予定している場合、処方者や医療専門家に、クロピドグレルを服用していること伝えて下さい。

この薬の副作用で、何に注意すべきですか?

できるだけ早くあなたの処方者や医療専門家に相談すべき副作用:

  • 黒い便、タール状の便
  • 嘔吐に血液が混じる
  • 尿や便に血液が混じる
  • 鼻血
  • 皮膚に赤や紫色の斑点
  • 皮膚の発疹やかゆみ
  • 胃の痛み
  • 呼吸障害、嚥下障害、嗄声、または喉の締め付け
  • 発熱
  • 突然の脆弱
  • 顔や唇の腫れ、舌や手の腫れ、または足の腫れ
  • 異常出血やあざができたり、皮膚に赤い斑点が目立つ
  • 異常発疹、アレルギー反応、またはじんましん
  • 異常に重度の月経出血

通常は医師の診察を必要としない副作用(症状が続く、または煩わしい場合は、処方者または医療専門家へご相談下さい。):

  • 下痢
  • 消化不良(胸焼け)
  • 軽度の胃の不調

このリストは、すべての可能な副作用を記載していない場合があります。

どこに薬を保管することができますか?

小さな子供が開けられない容器に入れて、子供の手の届かないところに保管して下さい。

摂氏15と30℃(華氏59〜86度)の間の室温で保管して下さい。 有効期限が過ぎた未使用薬は捨てて下さい。

当社のサイトに滞在することによって、あなたは、当社の プライバシー方針 に従ってストレージおよびあなたの個人的なデータの処理に自動的に合意する。
急いそがないでくだでください。あなたは割引券コードについで忘れました!
×