「サイトテック」というジェネリック(ミソプロストール)は胃酸分泌を減少させて、アスピリン、イブプロフェン(アドビル、モトリン)、ナプロキセン(アリーブ)、セレコキシブ、ジクロフェナク、インドメタシン及びメロキシカム等の非ステロイド性抗炎症薬(以下:NSAID)服用に起因する胃袋の病気の予防治療に用いられる。ミソプロストールはアスピリンまたはNSAID服用に起因する胃潰瘍の予防治療に用いられる。 ミソプロストールの服用は先天異常、早産、子宮破裂、流産または不完全流産、危険な子宮出血の原因となりうる。妊娠中は使用できません。妊娠の可能性のある女性は、その薬剤の服用前で、妊娠テストの消極的な結果を確認してください。しかし、治療中、妊娠の予防に使われる有効な避妊方法を使用して下さい。

パッケージ 価格 あたり 錠剤 節約 ご注文
200mcg × 32 tablet ¥ 4812.17 ¥ 150.38 あたり 錠剤
200mcg × 60 tablet ¥ 8345.02 ¥ 139.08 あたり 錠剤 ¥ 677.80
200mcg × 92 tablet ¥ 11770.81 ¥ 127.94 あたり 錠剤 ¥ 2064.17
200mcg × 120 tablet ¥ 14126.04 ¥ 117.72 あたり 錠剤 ¥ 3919.59
200mcg × 180 tablet ¥ 19264.73 ¥ 107.03 あたり 錠剤 ¥ 7803.71
  • 無料航空便配送
200mcg × 360 tablet ¥ 34787.85 ¥ 96.63 あたり 錠剤 ¥ 19349.03
  • 無料航空便配送

ミソプロストール錠

この薬は何ですか?

ミソプロストールは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS、一般的に関節炎、炎症、及び痛みに使用される薬剤)を使用して患者の胃の潰瘍を防ぎます。 ミソプロストールは胃で作られる酸の量を減らし、酸の影響から、胃の粘膜を保護します。

この薬を服用する前に、医療専門家が知っておくべきことは何ですか?

医療専門家は、あなたがこれらの症状のいずれかであるかを知る必要があります。:

  • クローン病
  • 心臓病
  • 腎臓病
  • 潰瘍性大腸炎
  • ミソプロストール、プロスタグランジン、その他医薬品、食品、染料、または防腐剤への異常反応やアレルギー反応
  • 妊娠中または妊娠しようとしている
  • 授乳

この薬の服用方法は?

コップ一杯の水で、この薬を飲む。 定期的にこの薬を服用する。 指示よりも多い頻度で薬を服用しないで下さい。

この薬の子供への使用に関して、小児科医に相談して下さい。 特別なケアが必要になることがあります。

過量投与: あまりにも、この薬を多く服用したと思ったら、すぐに中毒事故管理センターまたは救急治療室に連絡して下さい。

注記: この薬はあなた専用です。 他の人と、この薬を共用しないで下さい。

服用を忘れた場合はどうなりますか?

もし服用を忘れた場合は、できるだけ早く、その分を服用して下さい。 ほぼ次の服用の時間である場合には、次の分のみを服用して下さい。 2倍または余分な量を服用しないで下さい。

この薬と相互作用するものは何ですか?

  • 制酸剤

非処方薬、栄養補助食品、またはハーブ製品を含む、あなたが服用している他のすべての医薬品について、処方者や医療専門家に伝えて下さい。 カフェインやアルコール飲料を良く飲むかどうか、喫煙するか、あるいは違法薬物の使用についても、処方者や医療専門家に伝えて下さい。 これらは、薬の作用に影響を及ぼす可能性があります。 あらゆる薬の停止または開始をする前に医療専門家に確認して下さい。

この薬の服用中は、何に注意すれば良いですか?

喫煙や飲酒はしないで下さい。 飲酒や喫煙は胃の刺激を増大し、イブプロフェンやアスピリンなどの薬による、ダメージの影響を受けやすくします。

女性であれば、妊娠中の方は、この薬を使用しないで下さい。 この薬の服用を止めた後の少なくとも1ヶ月(全月経周期)、及びこの薬の服用中は、妊娠しないで下さい。 妊娠するならば、この薬の服用中は、信頼性の高い避妊方法を用いて下さい。 避妊法の選択については、医師にご相談下さい。 妊娠した、妊娠したと思う、または妊娠したいと思うのであれば、すぐに医師に電話してご相談下さい。

この薬の副作用で、注意することは何ですか?

できるだけ早く、医師または医療専門家に相談すべき副作用:

  • 皮膚の発疹、かゆみやじんましん、顔や唇の腫れ、舌が腫れるようなアレルギー反応
  • 胸痛
  • 失神の発作
  • 重度の下痢
  • 突発性の息切れ
  • 異常膣出血、骨盤痛や痙攣

通常は医師の診察を必要としない副作用(症状が続く、または煩わしい場合は、医師または医療専門家へご相談下さい):

  • 目まい
  • 頭痛
  • 月経不順、月経中間期の出血、またはスポッティングや月経痙攣
  • 軽い下痢
  • 吐き気
  • 胃の不調や胃痙攣

このリストは、すべての可能性のある副作用を記載していない場合があります。

どこに薬を保管できますか?

子供の手の届かないところに保管して下さい。

摂氏25℃(華氏77度)以下の室温で保管して下さい。 乾燥した場所に保管して下さい。 湿気から保護して下さい。 有効期限を過ぎた未使用薬は捨てて下さい。

当社のサイトに滞在することによって、あなたは、当社の プライバシー方針 に従ってストレージおよびあなたの個人的なデータの処理に自動的に合意する。
急いそがないでくだでください。あなたは割引券コードについで忘れました!
×