ジェネリックのゼニカル(Xenical)とは、12歳以上の青年と大人の肥満を管理する為に使用される薬です。それ以上に、前回の体重減少の後、体重増加のリスクを減らすの為に使用されます。オルリスタットという有効成分が食事から吸収される脂肪の量を減らします。

パッケージ 価格 あたり 錠剤 節約 ご注文
60mg × 10 tablet ¥ 2161.72 ¥ 216.17 あたり 錠剤
60mg × 20 tablet ¥ 3245.29 ¥ 162.26 あたり 錠剤 ¥ 1078.15
60mg × 30 tablet ¥ 4328.86 ¥ 144.30 あたり 錠剤 ¥ 2156.30
60mg × 60 tablet ¥ 6496.00 ¥ 108.27 あたり 錠剤 ¥ 6474.33
60mg × 90 tablet ¥ 8663.14 ¥ 96.26 あたり 錠剤 ¥ 10792.36
60mg × 120 tablet ¥ 9746.71 ¥ 81.22 あたり 錠剤 ¥ 16193.95
60mg × 180 tablet ¥ 12997.42 ¥ 72.21 あたり 錠剤 ¥ 25913.58
パッケージ 価格 あたり 錠剤 節約 ご注文
120mg × 21 tablet ¥ 4328.86 ¥ 206.14 あたり 錠剤
120mg × 42 tablet ¥ 7579.57 ¥ 180.47 あたり 錠剤 ¥ 1078.15
120mg × 63 tablet ¥ 10830.28 ¥ 171.91 あたり 錠剤 ¥ 2156.30
120mg × 84 tablet ¥ 12997.42 ¥ 154.73 あたり 錠剤 ¥ 4318.03
120mg × 126 tablet ¥ 17873.49 ¥ 141.85 あたり 錠剤 ¥ 8099.69
  • 無料航空便配送
120mg × 189 tablet ¥ 24374.91 ¥ 128.97 あたり 錠剤 ¥ 14584.85
  • 無料航空便配送
120mg × 252 tablet ¥ 30334.54 ¥ 120.38 あたり 錠剤 ¥ 21611.80
  • 無料航空便配送

オルリスタットカプセル

この薬は何ですか?

オルリスタットは、肥満の人の体重を減らす働きをし、低カロリーの食事を摂取しながら体重を維持するのに使用されます。 オルリスタットは、食事から吸収される脂肪の量を減少させます。

この薬を服用する前に、医療専門家が知っておくべきことは何ですか。

医療専門家は、あなたがこれらの症状のいずれかであるかを知る必要があります。

  • 拒食症や過食症などの摂食障害
  • 食物を吸収する障害(慢性吸収不良)
  • 胆嚢の障害や胆石
  • 糖尿病
  • 他の減量薬を使用しているかどうか
  • オルリスタット、他の医薬品、食品、染料、サプリメントや防腐剤への異常反応やアレルギー反応
  • 妊娠中または妊娠しようとしている
  • 授乳

この薬は、どのように服用すれば良いか?

オルリスタットは、液体と共に飲み込みます。 脂肪からのカロリー約30%が含まれている主食の食事と共に、オルリスタットを服用できます。 または、食後の一時間後にカプセルを服用できます。 指示より多い量の薬を服用しないで下さい。 時々食事をしなかったり、脂肪なしの食事など、オルリスタットは、その用量を省くことができます。 120mgを超える用量の 1日3回の服用では、体重減少が増えることは示されていません。

脂肪からのカロリー約30%以上しか含まれていない低カロリーの食事と共に、オルリスタットを使用する必要があります。 脂肪、炭水化物、タンパク質の毎日の摂取量を、3つの主な食事に均等に割ります。 アメリカ心臓協会が開発した一つの例など、医師に処方された、健康的な食事プランに従うようにして下さい。 この食事プランに従うことで、オルリスタットから起こりうるGIの副作用を軽減ができます。

この薬の子供への使用に関して、小児科医や小児における医療専門家にお問い合わせ下さい。 特別な注ケアが必要になることがあります。

過量投与: あまりにも、この薬を多く服用したと思ったら、すぐに事故管理センターまたは救急治療室に連絡して下さい。

注記: この薬は、あなた専用です。 他の人と、この薬を共用しないで下さい。

服用を忘れた場合はどうなりますか?

もし服用を忘れた場合は、脂肪が含まれている食後の一時間以内に服用する。 ほぼ次の服用の時間である場合は、次の分のみを服用して下さい。 2倍または余分な量を服用しないで下さい。

この薬と相互作用するものは何ですか?

  • β-カロチンやビタミンA、D、E、Kなどの栄養補助食品
  • ワルファリン
  • シクロスポリン
  • プラバスタチン
  • 糖尿病の治療に使われる薬物

非処方薬、栄養補助食品、またはハーブ製品も含め、服用している他のすべての薬について、処方者や他の医療専門家に伝えて下さい。 カフェインやアルコール飲料を良く飲むか、喫煙、または違法薬物を使用しているかどうかについても、処方者や医療専門家に伝えて下さい。 これらは、薬の作用に影響を及ぼす可能性があります。 いずれかの薬の停止または開始の前に確認して下さい。

この薬を服用中は、何に注意すれば良いですか?

オルリスタットは、いくつかの脂溶性ビタミンの減少吸収を引き起こすので、D、E、Kおよびβ-カロチンの正常な量を含む総合ビタミン剤を、毎日摂する必要がある場合があります。 医師または他の医療専門家の指示がない限りは、オルリスタット服用後、少なくとも2時間後に1日1回総合ビタミン剤を摂取します。

あなたの身体の正常機能の異常変化を監視します。 あなたの食事の脂肪量を監視する必要があります。 あまりにも多くの食物脂肪は、オルリスタットの副作用を増やします。 また、ビタミンの欠乏によって引き起こされる可能性のある視力、皮膚や毛髪の変化を監視します。

この薬の副作用で、何に注意すべきですか?

オルリスタットで見られる副作用は、食事からの脂肪の減少吸収に関連しています。 胃腸(GI)の副作用は一週間続く場合もありますが、6か月以上でも発生する場合があります。 適切な食事の維持が、副作用の減少を助けます。 オルリスタットの2年以上の使用は行われていません。

できるだけ早く処方者や医療専門家に伝えるべき副作用:

  • 関節炎や関節痛/圧痛
  • 背中の痛み
  • 発疹、かゆみ、または息切れ
  • 激しい胃の痛み
  • 肌や目の白い部分が黄色くなる
  • 脆弱さや失神

通常は医師の診察を必要としない副作用(症状が続く、または煩わしい場合は、処方者または医療専門家へご相談下さい):

  • 胃の不快感
  • 排便数の増加
  • 排便が我慢できない
  • 急いでトイレに行く必要がある
  • 排便の際にガスが伴う
  • 油っぽい便/脂肪質の便
  • 油性分泌物
  • 透明、オレンジ色または茶色の排便

このリストは、すべての可能な副作用を記載していない場合があります。

どこに薬を保管できますか?

小さな子どもが開けられない容器に入れて、子供の手の届かないところに保管して下さい。

摂氏25 ° C(華氏77 ° 度)での保管が好ましい。 摂氏15 ° から 30 ° C(華氏59 ° から 86 ° )で保管できます。 湿気から保護する。 容器を密閉し、有効期限後が過ぎた未使用薬は捨てて下さい。

当社のサイトに滞在することによって、あなたは、当社の プライバシー方針 に従ってストレージおよびあなたの個人的なデータの処理に自動的に合意する。
急いそがないでくだでください。あなたは割引券コードについで忘れました!
×